花嫁の手紙の中身はこれ!

どんな書き方をすればいいんだろう?
そもそも花嫁の手紙をどんな感じで書けばいいかわからないですよね。
ですが、、花嫁の手紙の中身はいたってシンプルです😊

1.前置き
2.エピソードトーク
3.結び

大きく分けて、以上の3つの構成で成り立っています。

 

花嫁の手紙例文紹介

1.前置き

みなさま、本日はお忙しい中お集まりいただき、誠にありがとうございます。
この場をお借りして、ここまで育ててくれた両親に感謝の言葉をお伝えすることお許しいただきたく思っております。

☆ポイント

親への溢れる気持ちを読み上げる前に、
集まってくれた方々に、一言声をかけるだけでも印象が変わります!

2.エピソードトーク

大好きなお父さん、お母さんへ。

これまでたくさん迷惑をかけましたが、二人のあたたかい愛に包まれてここまで成長することができました。

お父さん、いつも私の味方をしてくれたね。そんな優しいお父さんに、高校生の頃そっけない態度をとってしまったこと本当に申し訳なく思っています。
お父さんが味方でいてくれたこと、内心心強かったです。
そんなお父さんが今でもずっと大好きです。

お母さん、友達のようにたくさん話したし、遊びに行ったね。ごめんなさい….
なんでも知っているお母さんは、私が悩んでいることもすぐに気づいてくれました。
お母さんが支えてくれたからこそ、今もこうして元気にいられています。
本当にありがとう。

☆ポイント

話したいことがありすぎるあまり、文章が長くなってしまう。。それはNGです。
一番伝えたいことは何か、考えて伝えると良いでしょう!

3.結び

お父さんとお母さんの子供で本当によかった。
これから私は新たな道へと進みますが、二人から受け取った愛情を大切に、幸せな家庭を築きます。

最後に◯◯さんのご両親、私を温かく受け入れてくださりありがとうございます。
これから先、末永くよろしくお願いします。

☆ポイント

花婿様のご両親に対しても一言添えるとGood😄
自身の親以外にもしっかりと意識を向けられた花嫁の手紙が理想です!

花嫁の手紙(レターソング)を聴いて感動している新婦のお母さん

でも結局”想い”が大事じゃない??

ここまで花嫁の手紙の書き方について触れましたが、テンプレで固められた言葉で心は揺さぶられるでしょうか?

たとえ形式が整っていたとしても、”想い”がなければ親御様への気持ちは届かないでしょう。
「ありのままの”想い”を飾らずに伝える」
これが花嫁の手紙を作る上で一番大事です!

–––伝える方法は一つじゃない–––

とはいっても、、ありのままの”想い”を伝えるのって結構難しいですよね。

“想い”を込めた手紙をみんなの前で読むのは恥ずかしい…
読んでいる途中に泣いてしまって最後まで読めなさそう…

そんな方、無理して花嫁の手紙を読む必要ないかもしれません。

実際に花嫁の手紙ではなく「レターソング」を作り、家族との想い出を上映する新郎新婦さまが増えています。

 

レターソングとは…

レターソングは親御様への気持ちを手紙ではなく歌にして贈る、新しい感謝の届け方。

「“想い”を届けたい」
「サプライズしてみたい」
そういった方にオススメです。

実際にお客様から、

「両親に涙してほしく、レターソングを計画しました。実際にやってみて、サプライズ大成功で、とても嬉しかったです。」

「世界に1つしかない歌を、レターソングの方にお力添え頂きとても満足しています。両親が泣いているのをみて、気持ちを伝えられてよかったです!」

「新婦の両親が遠方でなかなか会えないから離れていても心は繋がっているという意味で作れて本当に良かったです!これから車で流して聞いてくれるそうです!」

お客さまのお声をもっとみたい方は以下URLまで!!

https://lettersong.ostance.com/blog/00008/

レターソングは形に残るので、一生の記念にもなりますよ!

——————————————
check!

再生回数約800万回!!大人気のレターソング✨

Instagramアカウント💍
https://www.instagram.com/lettersong_official/

詳しい説明はこちら❤️
https://lettersong.ostance.com/

 

最後に….

以上、花嫁の手紙の重要なポイントについて書かせていただきました。
結局大事なのは”想い”をどれだけ込められているかです!
その”想い”を親御様に一番届けられる方法はなにか、一度考えてみてもいいかもしれません。

 

友だち追加

レターソングのお問い合わせは【友だち追加】から